松崎まこと(まつざき まこと)

映画活動家/放送作家。
1964年東京生まれ。早大卒業後、レンタルビデオ店長、塾講師を経て放送作家に。
TOKYO-MX「博士の異常な鼎談」「松嶋×町山/未公開映画を観るTV」TBSラジオ「荒川強啓 デイキャッチ!」「伊集院光/日曜日の秘密基地」などの構成を担当。
現在はWOWOW動画「町山智浩の映画塾」などを手掛ける。
“映画活動家”としては当連載の他、ラジオやTV番組、「田辺・弁慶映画祭」「きりゅう映画祭」をはじめとした様々な映画イベントなどに出演。
楽天カードHPで配信した“田辺系”若手監督たちによるショートムービーや、長編映画『手のひらを太陽に』(岩崎友彦監督)などのプロデュースも行う。2017年末には、大学4年時以来29年ぶりの監督作として、芋生悠主演の短編映画『ヒロイン』を発表。
映画評論家松崎健夫(「崎」は山偏に竒)とのユニット“松崎ブラザーズ”では、人呼んで“松崎A”。

博士による紹介

ボクとの出会いは、TBSラジオ『伊集院光 日曜日の秘密基地』。
この番組のワンコーナー「赤坂ゼミナール」にゲスト講師として呼ばれた時、毎回、硬い時事ネタを柔らかく、漫才風にアレンジされている台本の面白さ、完成度の高さに唸ったのですが、その構成作家が松崎まことさんでした。
初めて紹介された時、第一声は「本名なの?」でした。
(昔、『笑点』の座布団運びで有名だった松崎真さんと同姓同名です)

その後、ボクが松崎さんに座布団を渡すように『博士も知らないニッポンのウラ』、『博士の異常な鼎談』などの文化人との対談シリーズを始めた際は、ボクのご指名で座布団ならぬ座付き作家に就任して頂きました。

元々、映画への造詣が深く、映検一級の肩書を得ると、MXやWOWOWの町山智浩さん関連の番組のメイン作家に。ニコ生の『WOWOW ぷらすと』などでは出方にまわり“松崎ブラザーズ”の“松崎A”として映画深掘りトークを展開しています。
そして、ついに50歳を機に『映画活動家』へ肩書を変え、映画界へのコミットを深めています。
メルマ旬報への参加は、2014年12月(Vol.52)から。
しかし、この「“田辺系”先物買いガイド」、毎回、まだ無名で若手の映画人をやさしくフォローしていく様子に感心。
若き才能をいち早く追いかける老スカウトの執念を彷彿させる、「人を育てる」連載。
ボクにとっても松崎さんは軍帥のひとりなので、何時も一緒に仕事をやりたいと思っている人です。

【動画】『メルマ旬報.TV』ゲスト・松崎まこと
https://videotopics.yahoo.co.jp/video/stove/55700 (2016年2月12日放送)
https://videotopics.yahoo.co.jp/video/stove/96608 (2016年12月30日放送)
https://videotopics.yahoo.co.jp/video/stove/164083 (2018年4月13日放送)
https://videotopics.yahoo.co.jp/video/stove/253540 (2018年12月21日放送)