やまもと茂(やまもと しげる)

フリーライター。1992年、浅草キッドに師事。主な活動→芸能ゴシップの取材&インタビュー、漫才台本、タレント本の代筆、そっくりさん探し(アサ芸で10数年担当、文春で言う顔面相似形。モノや動物に頼るそっくりは邪道。極意あります)、野鳥の保護など。連載「週刊アサヒ芸能人」(週刊アサヒ芸能/1993~)、イベント「スナック玉ちゃん」(2009~)、ラジオ「浅草キッドの奇跡を呼ぶラジオ」(ニッポン放送/1993~1994)構成、単行本「玉袋筋太郎の声に出して言えない日本語」(KKベストセラーズ/2009)「スナックあるある」(講談社/2014)、などの構成に携わる。

博士による紹介

 浅草キッドのラジオ番組の常連ハガキ職人から、キッドの座付き作家&ライターに転身して20数年、今や日本でいちばんスキャンダルに詳しい男。そのデータ蓄積量は、まさに芸能人Xファイル!さきのパナマ文書にもあったとかなかったとか…。
 コーナー常連のネタ職人には、このメルマ旬報でも連載している、角田龍平さん、立川談慶さんがその名も連ねています。
 「アサヒ芸能」に長期連載が続く『浅草キッドのアサヒ芸能人』はスキャンダルの浜辺。
 それらの不祥事の残骸を笑って成仏してもらう “笑顔のおくりびと”でもあります。
 雑誌の連載が単行本化された、『浅草キッドのバカ丼』(徳間書店/1994年)、『大芸能人』(徳間書店/1999年)、『浅草キッドのお笑いアサヒ芸能人advanced』(徳間書店/2002年)に続く、第四弾の集大成のアーカイブ型書籍を目指して、そのデモンストレーションとして、このコーナーを設けました。徳間書店以外でも出版に興味ある方はご連絡ください。
 また、この連載の文責者・やまもと茂は今まで我々の裏方仕事に徹していましたが、かように特化した能力の持ち主を浅草キッドで独占するのも申し訳なく、今後、よろず必殺仕事を引き受けますのでよろしくお願いします。

【動画】『メルマ旬報.TV』ゲスト・やまもと茂
https://videotopics.yahoo.co.jp/video/stove/86730 (2016年10月7日放送)
https://videotopics.yahoo.co.jp/video/stove/114955 (2017年5月12日放送)