連載一覧

テレビっ子。ライター。1978年福岡県生まれ、静岡県育ち、2015年末に福島県いわき市から上京。 『週刊SPA!』『日刊ゲンダイ』「日刊サイゾー」などで連載中。単著として『タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?』(イースト・プレス)、『有吉弘行のツイッターのフォロワーはなぜ300万人もいるのか』、『コントに捧げた内村光良の怒り』(ともにコア新書)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)を刊行。

1968年3月13日京都市生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学法学部卒業後、小学館に入社。『週刊ポスト』編集部などを経て、1999年末に退社。 著書に『W杯に群がる男たち―巨大サッカービジネスの闇―』(新潮文庫)、『辺境遊記』(英治出版)、『偶然完全 勝新太郎伝』(講談社)、『維新漂流 中田宏は何を見たのか』(集英社インターナショナル)、『球童 伊良部秀輝伝』(講談社 ミズノスポーツライター賞優秀賞)、『真説・長州力 1951-2018』(集英社)。『電通とFIFA サッカーに群がる男たち』(光文社新書)、『真説佐山サトル』(集英社インターナショナル)、『ドライチ』『ドラガイ』(カンゼン)、『全身芸人』(太田出版)など。最新刊はドラフト4位選手たちの人生を描いた短編集『ドラヨン』(カンゼン)。

スリーピースロックバンド サンボマスターの唄とギター担当。2000年に結成され2003年にオナニーマシーンとのスプリットアルバムにてメジャーデビュー。熱量あふれる歌詞と、圧倒的な音世界で大勢のファンを惹きつけ続けている。

1977年、フランス・パリ生まれ。ロンドン育ち、東京大学中退。 ミュージシャン、ラッパー。オフィス北野所属。 2010年に脳梗塞で倒れ、合併症で左目を失明。 以後は眼帯がトレードマークに。 3ピースバンド、ベーソンズのボーカル。 NEWS RAP JAPAN(Abema TV)メインキャスター。

著述業・施術業。 1961年生まれ。大学時代から、ライターとして活動。84年に講談社『ホットドッグプレス』、編集部でいとうせいこうと出逢う。いとうプロデュースの連載『業界くん物語』の単行本化、LP化、ビデオ化に関わる。86年にアルバム『建設的』に作詞として参加。放送作家の仕事も手がけ、ラジオパーソナリティも努めるようになる。 病気がきっかけで、健康、医療、武道。格闘技、ダンスなどの身体的分野での活動もライフワークとなり、整体などを学んで、施術家としても活動。また医師、鍼灸師、療法士などが武道家・日野晃に学ぶ場『明鏡塾』をプロデュースしている。 著書に『からだの気持ち』『スキモノ図鑑』『ウィリアム・フォーサイス、武道家・日野晃に出会う』(共著)など

1955年早生まれ。和歌山県和歌山市出身。作家、コラムニスト、出版プロデューサー 1970年以降の日本のカルチャーに造詣が深く、音楽面では昭和歌謡及びアイドル、フォーク、GSを中心に数々の貴重音源を所持。映画では新東宝、大蔵映画の怪談物、怪獣特撮が得意。雑誌「ブルータス」での連載『日本ビデオスター列伝』や、単行本『大映テレビの研究』は多くの文筆家、編集者に影響を与えている。代表作は長編アニメとして映画化された『パーフェクトブルー』。

73年静岡県生。映画パーソナリティとしてTV,ラジオ、雑誌などで活躍中。年間映画鑑賞数は約500本。その豊富な知識を活かし日本工学院専門学校 放送・映画科非常勤講師を務める。

1971年生まれ。放送作家/脚本家。 テレビの放送作家でラジオのヘビーリスナー”として、2013年11月から、 古今東西のラジオ番組についてのスーパーハード・エッセー「ラジオブロス」を連載。 総集回等を除いたListen.59までを2016年11月にイースト・プレスから全848ページで書籍発売。 2017年6月10日放送『ゴッドタン』(テレビ東京)「芸人ラジオサミット」解説員として出演。 2017年11月12日 21:00~放送『熱響の時 オールナイトニッポン50年の系譜』(BSフジ)構成。

1971年生まれ。小説家。出版社勤務で雑誌編集を経て、2009年に『さらば雑司ヶ谷』で小説家デビュー。2011年には、『民宿雪国』で第24回山本周五郎賞と第2回山田風太郎賞の候補にも選ばれる。 著書:『テロルのすべて』『二十五の瞳』『タモリ論』ほか。 最新刊、『東京パパ友ラブストーリー』(講談社)