小説『ラスト・シングル』 ~もしあの音楽家が最後にもう1枚、シングルを出していたら。

スージー鈴木