原田専門家とTシャツ連載

原田専門家

1974年愛知県の度を超した田舎に生まれ、町の不良しか来ない農業高校を卒業と同時に芸人を目指して吉本の大阪NSC(11期生) に入学 。同期には、ケンドーコバヤシ、中川家、陣内智則、ユウキロック、そしてハリウッド・ザコシショウなど。当時の心斎橋筋2丁目劇場の音響さんと照明さんしか笑わないようなネタをしていて芸人として芽は出ず、劇場のスタッフとして働く。舞台の小道具からチラシ、当時はまだHi8やVHSでビデオの編集をして、色々器用にやっていたのを見た構成作家の尾浦さんに「お前なんでもできて器用やから専門家やな」と言われ、自分でも気に入った呼び名だった事と、子供の頃にスーパージョッキーを見てて、たけし軍団に強い憧れを持ってたのも手伝ってそのまま芸名に。考えてみると色々出来て器用なのは専門家ではないんだけど。 4コマ漫画など蛭子能収さんに憧れてガロに持ち込みを数度するが、これまたパっとしないまま、劇場スタッフとして働いていた。そこで出会った当時デザイナーの狩集広洋氏(現在は一発描き画家として活躍中)にデザインのいろはを学び、93年4月~96年11月まで、2丁目劇場のフリーペーパー『WA CHA CHA PAPER』にて、漫画やコラムなど執筆。97 年にパルコアーバナート#6に「ウサギは三度餅をつく」という5秒のCGアニメで入選。以後、グラフィックデザインやイベントでの映像、テレビ大阪の人気番組、 吉本超合金などの番組のタイトルCGやロゴなどを制作。また、同期の陣内智則のネタの映像も手掛ける。名前と好きなモノからパーソナルな家紋でパ紋というSNS時代にぴったりなアイコンを日々製作中。たくさんの方の好きなモノを調べすぎて多趣味に拍車がかかっています。   パ紋のホームページ http://hara1000.com/rogo/