死ぬ前に翔べ

萩原正人

元キリングセンス、愛称はハギ。タイタン所属。移植芸人。ライター。 1987年にピン芸人だったシャブ(河崎健男・2世代ターボ)とキリングセンスを結成。社会風刺の効いたブラックなコントを得意とし、東京のお笑いライブを中心に活動していた。ところが1998年、母子感染によるB型肝炎から重度の肝硬変であることが判明し、コンビ活動を停止。その後医師から余命半年と宣告されるも、1999年夏に渡米。翌春にダラスで肝臓・腎臓の同時移植に成功する。帰国後、キリングセンスとしての活動に復帰し、2006年に解散。現在はタイタンに所属し、主にライターとして活動している。 著書に移植の体験を綴った『僕は、これほどまで生きたかった』(扶桑社)。TV Bros.で連載していたコラムをまとめた『スキスキコンビニ』(アスペクト)がある。TV Bros.「わらしべマッドサイエンティスト」隔号連載中。