東大でも暮らし~前柔道部長松原教授のサブ・テキスト~

松原隆一郎

1956年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授、社会経済学者。 社会経済学・相関社会科学を専攻する学者として「朝日新聞」『中央公論』などの論壇紙誌に寄稿する一方で、格闘技やプロレスにも造詣が深く、東京大学柔道部部長に就任。総合格闘技・「空道」師範でもある。『ゴング格闘技』誌上では「教えて、教授!」を連載中。 著書:『日本経済論』『ケインズとハイエク』