連載一覧

「メルマ旬報」のキャプテン西寺郷太と、「メルマ旬報」唯一のファッショニスタ伊賀大介(akaエンタメ乞食)と、編集者の原カントくんの鼎談連載

1961年生まれ。中古レコードや古本ネタを得意とするライターであり、神保町で特殊古書店マニタ書房も経営すしている、いわば“プロコレクター”。ファミコンの黎明期にゲーム開発者として活躍していた過去もあり、現在はその経歴を活かしてWEBコミック『熱中!ファミコンブラザーズ』を連載中(原作担当)。 著書:『底抜け!大リーグカードの世界』『人喰い映画祭』『無限の本棚 ─手放す時代の蒐集論─』

1974年愛知県の度を超した田舎に生まれ、町の不良しか来ない農業高校を卒業と同時に芸人を目指して吉本の大阪NSC(11期生) に入学 。同期には、ケンドーコバヤシ、中川家、陣内智則、ユウキロック、そしてハリウッド・ザコシショウなど。当時の心斎橋筋2丁目劇場の音響さんと照明さんしか笑わないようなネタをしていて芸人として芽は出ず、劇場のスタッフとして働く。舞台の小道具からチラシ、当時はまだHi8やVHSでビデオの編集をして、色々器用にやっていたのを見た構成作家の尾浦さんに「お前なんでもできて器用やから専門家やな」と言われ、自分でも気に入った呼び名だった事と、子供の頃にスーパージョッキーを見てて、たけし軍団に強い憧れを持ってたのも手伝ってそのまま芸名に。考えてみると色々出来て器用なのは専門家ではないんだけど。 4コマ漫画など蛭子能収さんに憧れてガロに持ち込みを数度するが、これまたパっとしないまま、劇場スタッフとして働いていた。そこで出会った当時デザイナーの狩集広洋氏(現在は一発描き画家として活躍中)にデザインのいろはを学び、93年4月~96年11月まで、2丁目劇場のフリーペーパー『WA CHA CHA PAPER』にて、漫画やコラムなど執筆。97 年にパルコアーバナート#6に「ウサギは三度餅をつく」という5秒のCGアニメで入選。以後、グラフィックデザインやイベントでの映像、テレビ大阪の人気番組、 吉本超合金などの番組のタイトルCGやロゴなどを制作。また、同期の陣内智則のネタの映像も手掛ける。名前と好きなモノからパーソナルな家紋でパ紋というSNS時代にぴったりなアイコンを日々製作中。たくさんの方の好きなモノを調べすぎて多趣味に拍車がかかっています。   パ紋のホームページ http://hara1000.com/rogo/

坂口亭家元。新政府初代内閣総理大臣。夢師。親友。tel:090-8106-4666 mail kyohei88@gmail.com 三菱東京UFJ銀行高円寺支店 普通1458155 サカグチキョウヘイ http://www.0yenhouse.com http://twilog.org/zhtsss

ミッチー(Ba.)、齋藤 里菜(Vo.)、 西浦 謙助(Dr.)、真部 脩一(Gt.)   相対性理論のコンポーザーでもあった真部脩一が新たなるプロジェクトとして立ち上げたバンド「集団行動」。   ヴォーカルには講談社が主催するアイドルオーディション“ミスiD2016”ファイナリスト・齋藤里菜を迎え、ドラムは真部の盟友・西浦謙助が務める。バンドとしては2017年1月より本格的に活動を開始、2018年8月に新メンバーとしてベースのミッチーが加入し、現体制となる。   真部脩一のポップスセンス溢れるキャッチーなメロディーと、一度聴いたら耳から離れない中毒性の高い歌詞をミックスし、王道ポップスとしての新しいスタンダードを作ることを目指す。

【生年月日】 昭和40年11月16日 長野県上田市出身  さいたま市南区在住 【略歴】 昭和63年3月  慶応義塾大学 経済学部卒業 昭和63年4月  株式会社ワコールへ入社 平成3年 4月  一念発起して同社を退社 平成3年 5月  立川談志16番目の弟子として入門。前座名『立川ワコール』 平成12年12月  二つ目昇進。談志により、『立川 談慶』と命名 平成17年4月  真打昇進 【著 書】 談慶の意見だ 絵手紙集  (信濃毎日新聞社) 大事なことはすべて立川談志に教わった  (KKベストセラーズ社) 落語力          (KKロングセラーズ社)

1977年生まれ。男性。出版社勤務を経て、2005年にフリーライターとして独立。 三度のメシよりライブを好み、年間100ステージ以上に参戦。 とりわけピアニスト上原ひろみに傾倒し、彼女のライブは年間40~50公演鑑賞。 海外公演にも足を運び、2011年から2016年まで6年連続でニューヨークにも遠征。   長所=凝り性。短所=凝り性。 メールアドレスは sanofile110@gmail.com   猪瀬直樹氏(前・東京都知事)の指摘をきっかけに、ノンフィクション作家・ 佐野眞一氏の盗用・剽窃問題を調査開始。 2012年10月から12月にかけ、ネットメディア「ガジェット通信」に 短期集中連載「佐野眞一氏の『パクリ疑惑』に迫る」を寄稿。 http://bit.ly/Ty0TNG   2013年4月22日、ノンフィクション作家・溝口敦氏との編著 『ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム  大手出版社が沈黙しつづける盗用・剽窃(ひょうせつ)問題の真相』(宝島社)が発売。 http://amzn.to/15rHSUp   本件に限らず、出版界のディープなスキャンダルに強い関心をもつ。

1967年生まれ。ライター・編集者。 明治大学政治経済学部卒業後、民間シンクタンク、業界紙記者などを経て94年から週刊情報誌とテレビ誌でスポーツページを編集。 野球、サッカー、NBA、テニス、F-1 など多岐にわたる競技や選手を取材。 96年からフリー。99~02年「ゴング格闘技」編集ライター。 現在は、格闘技・プロレスをメインにお笑いや教育、健康、舞台・テレビ、政治・時事など、幅広いジャンルで活躍中。 著書:「棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか」(企画・編集)、「全力で生きる技術」(編集協力)、「山田クンとざぶとん」、「終わりのない歌」など書籍構成。

著述業・施術業。 1961年生まれ。大学時代から、ライターとして活動。84年に講談社『ホットドッグプレス』、編集部でいとうせいこうと出逢う。いとうプロデュースの連載『業界くん物語』の単行本化、LP化、ビデオ化に関わる。86年にアルバム『建設的』に作詞として参加。放送作家の仕事も手がけ、ラジオパーソナリティも努めるようになる。 病気がきっかけで、健康、医療、武道。格闘技、ダンスなどの身体的分野での活動もライフワークとなり、整体などを学んで、施術家としても活動。また医師、鍼灸師、療法士などが武道家・日野晃に学ぶ場『明鏡塾』をプロデュースしている。 著書に『からだの気持ち』『スキモノ図鑑』『ウィリアム・フォーサイス、武道家・日野晃に出会う』(共著)など