マニタ書房閉店日記

とみさわ昭仁

03 古本ゲリラと古物商許可申請と小野悦男事件

2012年5月マ日 先月末、「古本ゲリラ」というイベントをやった。簡単にいえばひと箱古本市だ。古書店主ではない一般の人たちが、不要になった古本を持ち寄り、路上にビニールシートなどを敷いて売る。すなわち古本のフリーマーケット。最初に誰が企画したのかはわからないが、いまは編集者でありライターでもある南陀楼綾繁さんが各地で一箱古本市をプロデュースしており、ミスターひと箱古本市とも呼ばれていたりする。 一般的なひと箱古本市と「古本ゲリラ」がちょっと違うのは、出展者を業界人に限定していることだ。業界人というのも雑な表現だが、主催者であるぼくの友人知人のライター、作家、漫画家、デザイナー、ミュージシャンといった人たちに限定して声をかけ、彼らの蔵書を売りに出してもらう。当然、そこに並ぶ本はかなり特殊なものが多くなる。お客さんは、商品の希少性に惹かれて来る人もいるだろうし、あるいはその出店者のファンが蔵書・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。