マニタ書房閉店日記

とみさわ昭仁

01 実店舗へのこだわりと値付け方法と蟲文庫

2012年3月マ日 正確な日付までは覚えていないが、3月のある日、唐突に古本屋を開業することを思いついた。昔から古本屋が好きだったぼくが、自ら、古本屋に、なるのだ。 最初に古本屋という場所に足を踏み入れたのは、いつ、どこの、何という店だっただろう。さすがに覚えてはいないが、ひとたびその魅力を知ってからは、神保町を皮切りにあらゆるところへ行った。 古本(というか古本屋)が好きな人間は、だいたい一度は古本屋になることを夢見る。ぼくも例外ではない。だが、実際になってしまう人はほとんどいない。客として訪れるのが楽しいからといって、そこで働くことまで楽しいとは限らないからだ。それに、古本屋稼業は重労働であることも、古本マニアなら知っている。そのくせ賃金は安い。もっと言えば、昭和の時代ならいざ知らず、いまや古本屋なんて社会から消滅しつつある業界だ。明るい未来なんて見えそうにない。 ぼくは長いことゲーム・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。