第2話:チェインズのラスト・シングル『河のブルース』

チェインズ:・横浜・川崎で活動していた4人組のロックンロール・バンド。1972年『ルーレット』でメジャーデビュー。・革ジャンにリーゼントという出で立ちで、スリーコードのロックンロールを演奏するというスタイルが爆発的に支持され、時代の寵児となるも、1975年、日比谷野外音楽堂での伝説的なコンサートで解散。・その後、メンバーでリーダーの矢崎英二がソロとしてスターダムを駆け上がる。(メンバー)矢崎英二:ベース&ボーカルジョージ大谷:サイドギター&ボーカル内田秀勝:リードギター&ボーカルミー岡本:ドラムス1.今から50年前、1971年の春。水曜日の正午近くとなった京浜急行川崎駅前。半世紀前のあのエリアは、ビジネス街と歓楽街、そしてアンダーグラウンドでデンジャラスな「街」が交錯して融合した、今よりももっと混沌としたエリアだった。そんな京急川崎駅前にある大きな楽器店で立ちすくむのは、ビートルズが好きで・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。