2022年4月21日号

「毛むくじゃらの男の子が来た」コロナ禍のフランスは早々にロックダウンとなり、飲食業が何ヶ月も業務停止となった。仕事ができない間に僕が絵を描き始めたことは以前にも書いたが、娘の願いもあって犬を飼い始めたことも、我が家で起きたコロナ禍の出来事のひとつだ。犬を飼うといっても、ここはフランス。日本とは色々と勝手が違う。最初は日本のように、ペットショップに行き、好きな犬種を選び、買ってくるとばかり思っていたが、日本のようにあちらこちらにペットショップがあるわけではない。ペットを飼おうなんて計画が全くなかった頃から、フランスではそもそも日本と比較してペットショップが少ないと感じていたが、それは思い込みでなく、事実のようだ。フランスでは、2024年にはペットショップでの犬や猫の販売が禁止になり、飼いたい場合は直接ブリーダーから買うか、保護施設に申請して引き取る形になる。なぜこのような法律ができたのか?そ・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。