2021年4月20日号

「子どもの話」ワインラベルのコンペの結果が出た。トリッピーは撃ち落とした。しかし僕も撃沈した。トリッピーは「票を買った」とドメーヌが判断したと思われ失格になった。これで得票数が2位の僕が本来なら受賞のはずだったのだが、3位の応募者が受賞したという発表が酒蔵のFacebookとInstagramで正式に発表があった。全くもってこの事態を把握できない僕は、すぐさまドメーヌのSNS上に「どうして2位の僕が受賞ではなく、3位の応募者が受賞したのか、説明をしてもらいたい。」という旨のコメントを書き込んだ。そしてドメーヌからの返答は、「通称『エヴァン』と呼ばれるフランスの法律(*1)に僕の描いたラベルのデザインが抵触するため失格にせざるを得なかった。」というものだった。『エヴァン』という法律は、アルコール飲料の広告に未成年者を使ってはいけないということを定めた法律だ。ワイン業界で働く人たちにとっては、・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。