「水道橋博士は褒める男」

4代目ハカセードライバー日記#4「水道橋博士は褒める男」 皆さまは、水道橋博士に対してどのようなイメージを持たれていますか? メルマ旬報をお読みいただいている皆さまですから、もちろん好意的なイメージを持っていただいていると思いますが、それでも「硬派」な印象が強いのではないでしょうか。 私は今年2021年の1月から運転手をしており、それより以前には水道橋博士と直接お会いした事がありません。 ですので、アヤサンなどで博士の過去をよく知る三又又三さんや無法松さんとお話しすると、今の博士はだいぶ「丸く」なったのだと感じます。 皆さまもご存知の通り、水道橋博士は入門直後から「奇才」ダンカンの元で修行に励み、自らを「一番槍」と思い込んで無頼な日々を送っておられました。 様々な書籍等で語られている通り、いくつもの武勇伝を残して、文字通り「謹慎を中心とした芸能生活」を過ごされてきました。 そう思えば、ここ・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。