追憶の映画人

コトブキツカサ

連載第11回

渡辺謙国内にとどまらず世界で活躍している日本の俳優は沢山いますが、その中でも現役の俳優として世界で最も有名で数多くのハリウッド作品にも出演している人物といえば、多くの方が渡辺謙さんを挙げるのではないでしょうか?渡辺謙さんは新潟で生まれ、学生時代から吹奏楽部でトランペットを嗜んでいたこともあり音楽大学への入学を希望していましたが、学費の問題などで断念。そして演劇集団「円」の舞台を観劇して心を奪われ、同劇団のオーディションを受けて研究員となります。その後は舞台出演を経て、「瀬戸内少年野球団」で映画デビューを果たし、伊丹十三監督の「タンポポ」に参加。そしてNHK連続テレビ小説「はね駒」に出演し、NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」主演で役者としての地位を築きました。順調に思えた渡辺謙さんのキャリアですが、映画初主演予定だった「天と地と」の撮影中に白血病が発覚して全ての仕事から降板。闘病後に治療を続けな・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。