追憶の映画人

コトブキツカサ

連載第7回

小泉今日子(2)プロダクションや音楽事務所の意向を汲んだ活動が基本だったアイドル達とは一線を画し、セルフ・プロデュースしながら芸能界のフロントランナーとして走り続けた小泉今日子は、アルバム曲にハウスミュージックを取り入れて約40万枚売り上げ、自身が作詞を手掛けた「あなたに会えてよかった」は、アイドルとして初のミリオンセラーを記録。ドラマでも主役を担いCMにも多数出演しました。(ちなみにアルコール飲料と車のCMという業界的には同時契約NGな案件も、彼女の絶大な人気と影響力からクリアしたそうです)そしてキャリア的に絶頂期を迎えていた1995年に俳優の永瀬正敏と結婚。しかし9年後の2004年に離婚してしまいます。それから7年後の2011年に劇場公開された映画「毎日かあさん」(小林聖太郎監督)は、西原理恵子氏原作の主婦の日常生活や子育てを描いた漫画の実写映画なのですが、この作品で小泉今日子と永瀬正・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。