追憶の映画人

コトブキツカサ

連載第6回

小泉今日子(1)芸能界のフロントランナーとして長年に渡り飄々とショウビズの世界を闊歩してきた小泉今日子。彼女のキャリアと存在は唯一無二であり誰にも真似できません。若い頃から所属していた大手芸能事務所を2018年に独立して自らプロダクションを設立。アイドル、歌手、俳優として活躍してきた彼女ですが、近頃では舞台や映画のプロデューサーとしても活躍しています。(ちなみに映画監督の外山文治氏の才能に惚れ込み、2020年に公開された映画「ソワレ」ではパートナーである豊原功補氏と共にプロデューサーとして作品に参加。制作費の関係からスタッフも少なく、駅から撮影現場までの車両移動は小泉今日子さん自らが率先して俳優部の役者を乗せて運転したそうです。)紅白歌合戦に生出演したその足でNHKホールの近くに待たせていた地元の仲間達と共にバイクで初日の出を拝みに行っただとか、アイドルとしての活動に不自由さを感じてスタッ・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。