追憶の映画人

コトブキツカサ

連載第5回

トム・クルーズ(2)トム・クルーズが映画界においてトップのマネーメイキングスターであり、ハリウッドで最も力を持ったセレブリティだということは映画ファンでなくてもご存知だと思います。おそらく歴代の映画俳優の中で、プロデュースも含めれば通算で最も稼いだのはトム・クルーズのはず。ちなみに数年前のMe Too運動では数多くのハリウッド女優達がアカデミー賞請負人とまで言われていた大物プロデューサー・ハーヴェイ・ワインスタインからセクハラを受けたと告発しましたが、当時トム・クルーズのパートナーだったニコール・キッドマンは、「私の近くには特別なパワーを持った人物がいたから、ハリウッドでセクハラを受けたことは無かった」とインタビューで語っています。そんな世界的大スターのトム・クルーズがなぜかスタジオにいた関係者を押し除け、僕の目の前に立って話しかけてきたのです。トム・クルーズが話した英語を全て理解できた訳・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。