2021年7月18日号

「『水道橋博士のメルマ旬報』用前書き」この日記は、これまで「メルマ旬報」で「みっつ数えろ」「ギョロメ伝 〜高田文夫年表〜」を連載し、あるいは「水道橋博士年表」などにも携わってきた相沢直という人物が、三十八歳にして医大生となった日々を綴ったものです(現在は四十歳で三年生)。noteにアップしたものを初出とし、一番最後に「メルマ旬報」用の後書きを付け加えています。20210611金曜日。三時起床。なんとなく古舘伊知郎さんの資料に軽く手をつけたら結局そのままずるずると朝食まで。まあ未来の作業を先回りしているだけだとも言えるのだが、この起きてから朝食までの時間が肝なので意識して使えるようにしたい。ここの使い方で一日が決まってしまう。朝食はカレーパン。勉強。昼ごろ家を出て高円寺、ずっと行ってみたかった「まら」で肉そばと芋煮。芋煮は丁寧なお味で大変おいしゅうございました。水道橋博士の自宅からジョニー小・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。