第30回「平成30年の革パン刑事とラジカル鈴木」

平成になってあっという間に30年。個人的には「平成〇〇年」と年号のあとの数字がそのまま会社に入ってからの社歴でもある。30という数字に区切りの良さも感じるが、前年に天皇が「生前退位」を表明していたため平成はあと1年と4か月になった。まだ正月気分の1月15日、心弾ませながら僕は中野サンプラザへと向かった。「ビートたけし ほぼ単独ライブ」会場に書かれているイベントのタイトルを見ただけで感激だ。ナマでたけしさんのステージを見るのは初めて。しかも今のたけしさんは前年度の映画『アウトレイジ最終章』が大ヒット、新刊小説『アナログ』がベストセラーと飛ぶ鳥を落とす勢いである。ライブは時間通りにはじまった。途中にたけしさんが出演しているテレビ「ニュースキャスター」で見せているようなお笑いフリップ芸もあったが、濃さが全然違う。ハゲしくもエグい放送禁止ネタのオンパレードだ。平成の初めにたけしさんの週刊誌連載を担・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。