第28回「平成28年のたぬきちと雨宮まみ」

新年早々すっころんでしまった。深夜、環七、新代田の路上にて。吉祥寺での飲み会が終わり、酔っぱらっていてヘッドホンで音楽を聴いていて歩いていた帰り、「何か」に躓いた。「あっ」と思った瞬間、体は横に転び、受け身を取ることもままならなかった。ズン。腰を打ったような感触があり、道にうずくまる。これはもう救急車を呼ぶしかないだろうということで、携帯で119番を鳴らす。しばらくして救急車が、サイレンを鳴らしながら到着。ストレッチャーが運び出され、体が乗せられる。「痛い!」右足と右手に激痛が走ったが、そのまま救急車に乗せられた。到着した病院は駒沢の東京医療センターだった。右手と右足の痛みを伝えてレントゲン撮影。嫁さんが着替えを持ってきてくれた。その日は痛み止めを打ってもらったがほとんど寝られなかった。翌朝「大腿骨の股関節が折れています。あと、右肘も折れています。すぐにでも、手術をしたほうがいいと思います・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。