第25回「平成25年の角南攻と柴尾英令」

「目崎は川勝さんの会、行くよな?」新年そうそう泉麻人さんから連絡を受けて「はい」と答えた。昨年の1月に川勝正幸さんがお亡くなりになってはや一年。月日の流れの速さを感じる。一周忌の「偲ぶ会」が代官山で開かれるという。会場では川勝正幸さんの新刊文庫『ポップ中毒者の手記(10年分)』が配られた。お亡くなりになっても新刊が出る川勝さんはさすがだ。過去のコラムのリミックス集だが、手に取るとズシリと厚さ以上の重さを感じる。「このあと2次会をするらしいよ」会場で見つけた泉さんから言われる。僕は急遽、打ち上げ会場選びのスタッフ側にまわることに。恵比寿の広いカラオケルームが取れたので、僕と泉さんは先に向かった。「今年の泉さんカラオケの代わりみたいですね」。空いた部屋で僕は軽口を叩きながら、マッチやRCを歌っていた。しばらくして、会が終了してスタッフや関係者が流れてきた。その中になんと小泉今日子さんがいた。「・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。