「明石家さんまの“品”」

2021年10月10日、間寛平さんの芸能生活50周年+1記念ツアー「いくつになってもあまえんぼう」のファイナル公演を鑑賞してきました。コメディ舞台に出演するさんまさんを生で観るのは3年ぶりのこと。前回も寛平さんの周年イベントでした。今回のイベントのメインは、よしもと新喜劇のスターたちが一堂に会し、寛平さんがストーリーをひっちゃかめっちゃかかき回す、楽しいコメディです。さんまさんは物語の中盤あたりで登場し、寛平さん、村上ショージさん、ジミー大西さんとともに、物語と現実が交錯する毎度おなじみのコントを約30分間にわたり繰り広げ、座長の寛平さんから「この後もまだ公演は続くので、ほんまにもう帰ってください」と頭を下げられるまで、舞台に立ち続けてくれました。同年6月に、同イベントの東京公演と宮城公演のシークレットゲストとして登場したさんまさん。“ツアーファイナルとなるなんばグランド花月で・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。