「さんま&しのぶの離婚後の物語」

さんまさんが日本テレビの東京五輪特番に出演された翌日、大竹しのぶさんが東京五輪の閉会式に出演。それぞれが複雑な思いを抱えながらの出演であったことが容易に想像でき、「五輪関連のトラブルなどなく、コロナ禍でなければもっと多くの方たちがこの状況を素直に楽しめたのだろうな」と思いつつ、Word文書「2021年の明石家さんまヒストリー」にそのことを記録しました。そして、閉会式の6日後に放送されたラジオ番組『ヤングタウン』を聴きながら、「さんまさんは大竹しのぶさんが出演される直前にトイレに立ち、帰ってきたときには映像が台風情報に切り替わっていたため、しのぶさんのパフォーマンスを生で見ることができなかった」と、さんまさんから語られる閉会式の逸話をWordに打ち込みながら、ふと22年前のことを思い出しました。1999年秋、まだ自宅にインターネット回線を引いていなかった僕は、仕事の帰りに大阪・NTT日本橋ビ・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。