集団著作

集団行動

【集団随筆】第十回<執筆者:齋藤里菜>

◆新連載「集団随筆」ルール(第一回〜) (1)たのしんで書く(2)じゅんばんは、今までどおり(3)よみやすく、おもしろく(4)しめきりは、まもる!(5)作者が一人称で、エッセイを、書く! 第十回<執筆者:齋藤里菜>『角膜が綺麗ですね』コロナ禍になる前の深夜0時過ぎ。わたしは行きつけのバーでひとりで飲んでいた。このお店に欠かせないのはカラオケと、店主はスーツ姿のお姉さんだ。だからなのか、バーと言ってもスナックの雰囲気に近い。このバーに通うようになったのはちょうど2年ほど前。通うといっても2週間に1度の時もあれば、1週間に2度行く時もあり、頻度はまちまちだった。お姉さんには本当によくしてもらっていて、行くたびにガールズトークが炸裂してしまう。常連さんも多いお店で、常連さんからも「りっちゃん」と、このバーでしか呼ばれないあだ名もできたり、わたしのもう一つの居場所になっていた。・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。