集団著作

集団行動

【集団随筆】第二回<執筆者:齋藤里菜>

◆新連載「集団随筆」ルール(第一回〜)
(1)たのしんで書く(2)じゅんばんは、今までどおり(3)よみやすく、おもしろく(4)しめきりは、まもる!(5)作者が一人称で、エッセイを、書く!

第二回<執筆者:齋藤里菜>
『2020年は、私にとって』4月からの緊急事態宣言、そして季節を全て通り過ぎてまた元の季節に近づいてきた。この期間中ネガティブなニュースが多い中、自分に今何が必要かを考えすぎた。何かしなきゃ、と焦る気持ちに、なかなか時間の取れなかった読書の時間をたくさん作ることにした。
この2、3年はなんだか心にも余裕がなくて中々読めなかった本も4月~6月までの間で軽く30冊は読んだのではないか。4月は1日一冊ペースで読む週もあった。
一時はデジタル化してみた本もやっぱり私にときめきを与えてくれたのは紙の本だった。
匂い、感触、五感の全てを使って頭にインプットしていくあの感じがたまらなく好き・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。