閃く人〜いとうせいこう〜 最終回

●満島ひかりとの邂逅2016年から始まったこの連載は休みながらも今回まで続いた。(ここ数ヶ月は休眠してました。申し訳ございません。)2016年は2日連続で東京体育館で行われたいとうせいこうフェスの年。55歳。連載をオファーした水道橋博士は彼の得意とする、年表的な内容をイメージしていたかもしれない。しかしそうはならず、多岐にわたる創作活動の基になる、ひらめき の正体を明らかにしようとした。タレント業、小説家という、よく知られた顔の他にも、ミュージシャンとして腕っこきのプレイヤーたちと活動を続け、映画では初主演をはたす。これらは60を越えて最高値を更新する勢いだ。いとうと講談社で出会ってから三十数年だが、いつも彼の閃きには驚かされてきた。そして、父親になった。閃きと驚きは永遠に続くかもしれない。旺盛な活動は、精力みなぎる濃い芸能人ではなく、ど忘れ力の高いいとうがシレっとやっているから面白い。そ・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。