閃く人のカタチ〜いとうせいこう#46

◎ど忘れする人のカタチ「脳は積極的に記憶を忘れようとする」、と仮説を立てる研究者がいる。外的な要因に左右されつつも、脳は記憶消去を慢性的に行っており、新たに獲得した記憶を徐々に消し去っているかもしれないのだ。ハードディスクの容量が一杯になるのを防ぐため、こまめに不要なファイルを削除しているということか。「忘れなければ記憶ができない」と言う研究者もいる。記憶を植えつけるための訓練後に、新たな記憶の形成に関わる神経発生を促進したマウスは、訓練した後に神経発生を促進しなかったマウスよりも1カ月後の記憶定着率が低下することが判明した。マウスでこれだから、膨大な情報に押しつぶされそうな人間はもっと顕著だろう、たぶん。しかし消去されてしまった記憶が脳から完全に消し去られる場合は少なく、しばしばよみがえる。この場合、不要ファイルはゴミ箱に入ったが、完全に空にはされていないのだ。認知症でもないのに、物忘れ・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。