『3センチ浮かんだ世界で、』♯55

木爾チレン(kina chiren)1987年6月3日生まれ。短編小説「溶けたらしぼんだ。」で、新潮社「第9回女による女のためのR-18文学賞」優秀賞を受賞。美しい少女の失恋と成長を描いた「静電気と、未夜子の無意識。」(幻冬舎)でデビュー。その後、少女の心の機微を大切に、多岐にわたるジャンルで執筆し、作品表現の幅を広げる。近著に、引きこもりの少女の部屋と京都が舞台の恋愛ミステリ「これは花子による花子の為の花物語」(宝島社)がある。最新刊は黒歴史と少女の淀みを描いたミステリ小説「みんな蛍を殺したかった」。# こんにちは。さいきん、異常なほどにゾロ目【2222】を見るチレンです。これは、エンジェルナンバーといって天使が【奇跡の前兆】を教えてくれているらしいのですが、いったい何が起こるのでしょうか。なんだか漠然と、素晴らしいことが起こる予感がしています。そして、どうしても執筆の疲れがとれず、文字・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。