2022年2月28日号

こんにちはプチ鹿島です。 石原慎太郎氏が亡くなりました。あらためてその「業績」を語ることは必要なのではないでしょうか。まずは2005年の記事から。 『記者の目 石原都知事を支える「迎合の構図」=日下部聡』(2005/6/10) 2005年の記事です。「サンデー毎日」で「石原慎太郎研究」を書いていた日下部記者があらためて石原慎太郎政治を検証している。石原知事は、あらゆる周囲の「迎合」に支えられてきたのではないか?と。副知事や特別秘書ら側近、都庁官僚、都議会、そしてメディアなどなど。 「器用な役人は、知事が喜びそうなことを先取りしてやってしまう。知事は『対立』が好きだから、円満にやると『妥協した』と見なされる。だから、わざと現場と衝突するやり方をしてアピールする」 「多くの都幹部は、最初は違和感があっても、次第に進んで適応するようになった。それ・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。