2021年4月25日号

こんにちはプチ鹿島です。今回はこちらの話題から。 ・週刊文春が五輪組織委に反論「税金浪費の疑いある開会式の内情、報道に公益性」(東京新聞4月2日) 《東京五輪・パラリンピック組織委員会が、週刊文春や「文春オンライン」の報じた開閉会式などの記事を受けて、掲載誌の回収やオンライン記事の全面削除、資料破棄を求めたことに対して、週刊文春編集部は2日、コメントを発表した。「不適切な運営が行われ、巨額の税金が浪費された疑いがある開会式の内情を報じることには高い公共性、公益性がある」と反論した。》 驚く展開になってきました。そしてワクワクする展開です。なぜって私の見立てと同じことを週刊文春が公式の見解として発表したからです。 今回、文春は開閉会式制作チームの演出家MIKIKO氏による開会式案などを内部資料を用いて報じた。それに対し組織委員会は掲載誌の回収やオンライ・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。