芸人ミステリーズ

てれびのスキマ

空気階段「エンジェルベイビー」(中編)

※現在「1996」を連載中ですが、一旦中断します。空気階段「エンジェルベイビー」(中編)3 Funny Bunny「おい、翔太、なにしてるんだ、お前?」白鳥翔太――。その風貌とは似つかわしくない美しい名が鈴木もぐらの出生時の本名だ。千葉県旭市の団地で生まれ育った鈴木もぐらは『アメトーーク』の「団地芸人」に出演することになった。収録の前に久々にその団地を見ておこうと思い地元の道を歩き、団地へ向かっていた。その途中、コンビニに立ち寄り駐車場でタバコをふかしていると、一台の車が止まった。出てきたのは実の父親だった。約14年ぶりの再会だった。彼はもぐらを見るなり、つい最近も会ったような気楽さで声をかけたのだ。もぐらは4度、姓が変わっている。生まれたときは「白鳥」。両親が離婚し母の姓の「鈴木」になり、やがて母が再婚し「宇井」となった。さらに再び離婚し「鈴木」に戻り、現在はもぐら自身が結婚し、妻の姓(・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。