LIVE or DIE

荒井カオル

2022年8月28日号

■■井上ひさし作・こまつ座「頭痛肩こり樋口一葉」■■樋口一葉といえば、5000円札に肖像が採用されている女性として馴染み深い。2022年8月16日、その樋口一葉の人生を翻案した「こまつ座」のお芝居「頭痛肩こり樋口一葉」を鑑賞した(新宿・紀伊國屋サザンシアター)。井上ひさしの戯曲によるこのお芝居は、1984年に初演が発表されて以来、根強い人気を誇る。2016年8月にこのお芝居を鑑賞したときは、樋口夏子(一葉)を永作博美が演じていて絶品だった。今回は貫地谷しほりにキャストが替わり、永作版とは違った魅力をステージ上で醸し出していた。樋口は夭折の大作家だ。父は東京府庁(現・東京都庁)で公務員を務めており、本業とは別にサイドビジネスも手がけて成功していたから、経済的には豊かな家庭だった。明治5年(1872)に東京で生まれた樋口は、小学校しか卒業していない。豊かな家庭で生まれ育ったにもかかわらず、「女・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。