LIVE or DIE

荒井カオル

2022年3月3日号

■■香港民主化運動を激写する映画「理大囲城」■■2010年に第1回が開催された「座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」は、2022年で13回目を数える。国際映画祭のコンペティション部門にかかる佳作、地方テレビ局の局員が映画監督に挑戦した「テレビ発」の作品、インディーズ(大手資本に頼らない独立系、自主制作)映画、歴史に埋もれてきた過去の名作まで、多彩なラインナップが並ぶ。是枝裕和監督やTBS「報道特集」の金平茂紀キャスターなど、著名人によるトークライブつきの特集上映が企画されるのも、この映画祭の魅力だ。首都圏降雪の余波が残る2022年2月12日に到着すると、ロビーは開場を待つ客でごった返していた。300席のチケットは全席ソールドアウトしたそうだ。この日のお目当ては「香港ドキュメンタリー映画工作者」と名乗る匿名の監督(1人ではないらしい)が制作したドキュメンタリー映画「理大囲城」(りだいい・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。