2020年11月30日号

いつかの夢日記。よっちゃんに会いに行く夢をみた。そんなにドキドキもワクワクもしていないし、もうよっちゃんのことすきじゃないのかもしれないと思っていたけれど、わたしのヘルメットを抱えているよっちゃんの姿を見た瞬間、思わず笑顔でだきしめてしまった。空席の目立つ居酒屋でわたしたちは久しぶりにきもちよく酔っ払った。よっちゃんが店員さんにライターを借りたとき、とても丁寧にお礼を伝えていたのでうれしくなった。居酒屋でもコンビニでもガソリンスタンドでもどこでも、よっちゃんの店員さんにやさしいところがすき。だれかにやさしくしている様子を目の当たりにするのはじぶんがやさしくされるより心があたたかくなる。外でバンプとかエルレとか学生時代に流行っていたなつかしい歌をたくさん口ずさみながら煙草を吸った。6歳離れているけど意外と音楽の趣味は合う。デンモクにHYのてがみを入れたらほかのひとは誰も知らなくて、よっちゃん・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。