碇のむきだし

碇本学

2021年11月29日号

「『藝人春秋Diary』書評のようなもの」 11月4日に下北沢のB&Bで開催されたイベント「水道橋博士×岡本俊浩×原カントくん 「2021年ノンフィクション本大賞 発表直前! 水道橋博士と語るノンフィクションの過去・現在・未来」」に参加した。B&Bでのリアルイベントに行くのは前年、2020年6月14日に開催された「豊崎由美×古川日出男 第65回 「読んでいいとも! ガイブンの輪」」以来で、こちらは緊急事態宣言発令のため、元々は4月29日に開催されるものが延期されたものだった。お店に多くの観客を呼べないため、視聴配信メインにして来客は10人程度に絞っていた。イベント参加後に書評家の豊崎さんと古川さんにご挨拶をしたら、そのまま打ち上げに誘っていただき、下北沢の駅近くの台湾料理屋に行って、おふたりと関係者の編集者さんたちと軽く飲ませて・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。