碇のむきだし

碇本学

2021年4月25日号

3月24日 朝起きると母からメールが来ていた。真備のおばあちゃんが亡くなったのできょうはお葬式ですという内容だった、真備というのは母の地元で2018年の台風7号などの影響による集中豪雨で大きな被害をもたらした。母の実家は高梁川からは離れていたので被害はなかったようだが、僕もニュースを見て驚いた。僕が幼い頃に行っていた時には倉敷市に合併されておらず、吉備郡だった。真備のおばあちゃんはその家ではなく碇本家の実家から近い施設に入っていたが、そろそろあぶないという話は聞いていた。母にメールと電話をしたが返信はなかった。母方の祖父はすでに亡くなっているので、母の両親はどちらとも他界したということになる。父方の実家で一緒に住んでいる祖母だけが健在だが、電話をしてもやはりもうすぐ100歳ということもあり、かなりボケている。僕が39歳になるのだから当然なのだろうけど。兄も僕も結婚もしていないし、・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。