2021年11月6日号

並行世界、パラレルワールドについて並行世界があるか無いかは、おそらく人が思いつく事なので有るんだとボクは思う。昔、手塚治虫さんだったかその漫画を見た誰かだったか、描ける未来は作れるみたいなことを言っていたような、だから人が思いつく、考えることはだいたい実現するんだと思ってます。この人が思いつくから有るという大前提の元、パラレルワールドについて考えてみたい。しかしボクの考えるその並行世界、パラレルワールドの概念は必ずしも交わる事のない世界だとは思わない。なぜなら、完全な平行線は現実世界では引けないのではないかと思っているからだ。完全な平行線というのは理論上では絶対に交わる事はない。どんなに近くを通っていようとも、その後にも先にも交わる点は存在しないのだが、現実世界ではそもそも真っ平らなところが延々と続く事はない。凸凹しているし、山あり谷ありだし、何より地球は丸いのだ!ま、丸いからと言って球体・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。