追悼・田中正悟さん 「西遊記と大阪球場と18歳」5

1988年の旗揚げ以降、大ブームを巻き起こした新生UWFだが、旗揚げからたったの2年で内紛が起きていた。 きっかけは、メガネの大手量販店のメガネスーパーである。メガネスーパーは、冠スポンサーとなってUWFの興行を行っている。1989年8月13日の横浜アリーナ大会である。 メガネスーパーとプロレスを最初につないだのは、誰あろう、現在一時休止中の連載「ジャンボ鶴田が黒パンツを履いた日」の主要な登場人物である、テレビ朝日スポーツ局次長の永里高平だったことは、おそらく、ファンや関係者に周知されていないだろう。筆者が生前の永里から聞いた話をそのまま書くと、以下の通りとなる。「メガネスーパーはもともと、ウチ(テレビ朝日)の枠(番組枠)を買ってくれるお得意さんだった。それも率先してスポーツ番組を買ってくれる。ナイター中継とかサッカーの日本リーグとか。Jリーグが出来る前の地味なサッカー中継だよ。もっと言う・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。