追悼・田中正悟さん 「西遊記と大阪球場と18歳」4

当時から思っていたことだが、田中正悟という人は嘘か本当かわからないことを口にする人だった。いや、正確に伝えると、明らかに嘘だとわかることを、いかにも本当っぽく言う人だった。 あるとき「お前、巨人ファンか?」と訊いてきた。「はい」「俺も」 それはおそらく事実だろう。彼は大の長嶋ファンであることを事あるごとに口にしていたし、取り立てて嘘をつく必要のないことだからだ。問題はその後である。「こないだな」「はい」「カープの川口と大野とメシを食うてやな」「え? カープの川口と大野ですか?」「せや」「川口と大野と知り合いなんですか?」「せやねん」 本当かどうか怪しい。「川口と大野」とは広島東洋カープのエース三本柱の一角である川口和久と大野豊である。本当だろうか。ただ「巨人の斎藤と槇原と桑田」と言われたら「嘘つけ」と思うが、地方球団のカープなら「もしかしたらそうなのかも」と思えてしまう。近鉄なら「それは、・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。