メルマ旬報への感謝と悔恨

 メルマ旬報廃刊は水道橋博士の日記で知り、直後に原カントくんの事情説明のメールが届いて、来月一杯で終わると知った。 正直、驚きはなかった。 一時期、購読者が増えないことを博士が問題視して、執筆陣に「他の連載を読んで、SNSでつぶやくことをすべきではないか」と問題提起していたことを覚えているだろうか。私は毎回ではないが、他のコラムを読んで面白いと思うとツイッターでつぶやくようにしていたが、他の執筆陣からメルマ旬報のPRをするつぶやきを見たのは数えるほど。 その後も「購読者が増えた」という話は聞かなかったので「購読者が増えないなら、いつまで続くのだろう」と思っていた。 そのため、私は博士が体調不良で休養に入った時点で「メルマ旬報も止めることになるのか」と思ったが、原さんや代役編集長の酒井若菜さんたちの尽力で存続させたのを見て、出来ることではないなと思っていた。 膨大な執筆陣を抱えるメルマ旬報が・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。