来年6月「那須川天心対武尊」決定で思い出す「藝人春秋diary」の「天才『那須川天心』」のこと。

 お待たせいたしました。お待たせしすぎたかもしれません。 ヤフーニュースやフジテレビなどですでに目にした人も多いと思いますが、12月24日に緊急記者会見があり「来年6月、那須川天心と武尊が対戦することで合意した」との発表がありました。 正直、幻に終わるのかと思っていたので、急転直下の対戦決定には驚きました。 「那須川天心vs武尊」をめぐっては、本当にいろいろな思い出があります。 中でも、心の奥にずっと引っかかっていたことがあって、今回はそのことを書きます。 現在、好評発売中で3刷突入の水道橋博士著「藝人春秋diary」(スモール出版)をめぐる本邦初公開のエピソードです。 天心がK-1代々木第二体育館大会に現れて、試合を終えた武尊が退場する花道で待っていて「大みそか、RIZINで対戦してほしい」と直訴したのが2015年11月のことでした。 これが実に6年に及ぶ対戦実現までのストーリーの始まり・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。