豊田薫・編 第2回

 前回、豊田薫の初期作品を語る上でのキー・ポイントを幾つか挙げた。それらを整理すると以下の通り。 (1) 男側の欲望からセックスを捉えているということ。(2) 物語が突然始まりラストも何のストーリー的終焉がなく、唐突なイメージシーンで終わること。(3) 徹底的に見せ方にこだわること。(4) セックスの形、プレイのひとつひとつが実に変態的なこと。  今回は処女作の『少女うさぎ・腰ひねり絶頂!?〜高野みどり・20歳』に続く第2作、『奥まであと1センチ〜朝倉みゆき・20歳』(KUKI・1985年作品)をテキストに、ポイントの(1)と(2)を中心に、その意味を補足しつつ論じてみよう。 まず、(1)の〈男側の欲望からセックスを捉えているということ〉。これは前回も書いたが、アダルトビデオの黎明期、制作者たちにとって「いったい何を撮ればいいのか?」というのは大きな問題だった。つまり、例えば女の裸を撮れば・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。