豊田薫・編 第1回

 約1年半にわたった高槻彰編に続き、今月よりいよいよ豊田薫監督編に入ります。豊田薫という才能をどう説明すべきか? かつてこの連載では黎明期のアダルトビデオについて以下のように述べた。復習の意味で繰り返してみよう。現在の若い人にはなかなか理解してもらえないのだが、日本のポルノビデオは、実は非合法な裏ビデオが先行した。1982年の『洗濯屋ケンちゃん』、翌1983年「裏ビデオの女王」と呼ばれた田口ゆかり主演の『ザ・キモノ』『将軍家光─Shogun』、ピンク映画のスターだった杉本未央主演の『遊女』などだ。 それらの作品では必ず、ヌラつくヴァギナに屹立したペニスが出入りするアップがこれでもかというほど多用され、男たちの度肝を抜いていた。ゆえに後発である合法的なアダルトビデオは、「モロ見えの裏があるのに、消しの入ったビデオなんて誰が観るんだ?」と時に嘲笑され、「表ビデオ」と本末転倒の呼ばれ方すらしてい・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。