高槻彰・編 第15回

若い頃、社会からの疎外感のようなものを感じていたせいか、結局は人間味に惹かれるんです。今のAV業界や女優にはない、猥褻で猥雑で、狡くて欲深い人たち。高校生の頃、今村昌平の映画に強く影響を受けたんですが、あの世界にも通ずるものがある気がした──。約1年半にわたり続いた高槻彰編も今月で終了です。最後にまとめの意味も込めて、高槻監督へのインタビューをお送りします。創作の秘密と、氏のAVドキュメンタリーに対する熱く真摯な想いが伝われば幸いです。──2021年の2月から12本、毎月高槻さんの主要な作品を観続けるという非常に貴重な体験をしたわけですが、その間ずっと心に引っかかり続けたのは、やはり、なぜここまで一本の作品に執念のようなものを燃やすのか、でした。ご自身ではそこのところをどう思われます?「うーん、性格じゃないですかね。しつこい性格なんです(笑)。特に80年代から90年代いっぱいまではお金のた・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。