高槻彰・編 第3回

それは〈ドキュメンタリーとはいったい何なのか?〉という、自分自身への根本的な問いかけだった。ドキュメントとは紛れもなく、〈本当のこと〉を写し取ることだ。しかし事実を撮影すれば、それで真実を写し出す事になるのだろうか──? 今回紹介する『淫絶「同棲」11日間〜奥田かおる』(VIPエンタープライズ・1987年)は、同年のAV批評誌『ビデオ・ザ・ワールド』(白夜書房)上半期AVベストテン第1位を獲得した。代々木忠の『いんらんパフォーマンス・恋人』(87年)、伊勢鱗太朗『勝手にしやがれ』(88年)、実相寺昭雄『アリエッタ』(89年)等と並ぶ、80年代を代表する名作である。タイトル通り、AV女優と監督・高槻彰が11日間セックス込みで生活を共にする作品である。場所は当時やたら話題になっていたウィークリー・マンション(「♪よんよんまるまる♪」というCMが流行っていた)だと思われる。物語はこんなふうに始ま・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。