逸材逸話

棚橋弘至

「なぜ棚橋弘至は泣かなかったのか」

9月になりました。新日本プロレスの年間スケジュールは大体決まっていて、1月に1.4東京ドーム大会と7月、8月に「G1 CLIMAX」があります。なので、例年はそのビッグマッチの反動?で、2月と9月の観客動員はあまり良くないと言われていました。が、コロナ禍になってそんな事もすっかり忘却の彼方へ。とにかく、毎日が必死といった感じでしょうか?集客をするイベント系の仕事は、なかなか大手を振って「来て下さーい!」とアピールしにくいところもあって、僕自身も「来ていただけるならよろしくお願いします」といった消極的アピールの程よいところを探りながら続けている次第です。で、現在は9月半ば。始まったシリーズも1/3を終えたくらいのところです。心配していた動員は、苦しみながらファンの皆さんに助けてもらっている感じですね。ありがとうございます。さて、コロナ禍になり、「棚橋がなかなか痩せない」という事以外は、なかな・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。