逸材逸話

棚橋弘至

「なぜ棚橋弘至は朝トレに向かったのか」

悔しい気持ちは、心の引き出しに一旦しまっておくようにしています。悔しさはエネルギーにもなりますが、後悔に繋がると負の感情になることもあり、前に進めなくなることが多いからです。で、現在、3年ぶりの夏開催となった「G1 CLIMAX32」のリーグ戦を3勝3敗で終えて、Cブロックを通過できず、は〜っと、呆けています。しかしながら、すべては自分の実力不足と努力不足なので、落ち込むのは試合終わって帰宅して、寝て、朝起きるまでにしました。なので、朝起きて、最近、主食にしている蕎麦を食べて、あちこち痛む体に感謝しながら、ジムに向かいました。ジムでトレーニングを始めると、いつの間にか集中していて、あら不思議!また頑張ろうという気持ちが沸々と湧いてきました。我ながら、この切り替えの早さが長所かなと思ったりもします。ですが、この切り替えの早さは、後天的に身に付けたものです。ええ、人生には喜怒哀楽がありますが、・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。