29 『クインティ』

 1985年から1989年にかけて、ゲーム業界は激動の時期だった。というか、それまであまり一般には認知されていなかった「ゲーム業界」というものが、急速に姿を現していったのだとも言える。 1985年に発売された『スーパーマリオブラザーズ』でファミコンブームが起こり、それに呼応して『ファミリーコンピュータMagazine』が創刊された。そのあとを『ファミコン必勝本』『ファミコン通信』といった後続誌が追いかけることで、ゲームマスコミが形成されていった。 田尻智と出会ってゲームフリークのメンバーになったといっても、あくまでもそれは遊び仲間としてであって、ぼくにはぼくの生活と仕事があった。『スコラ』をきっかけにゲームマスコミの世界に身を投じることになったぼくは、たくさんのゲーム雑誌で記事を執筆しながら、『エアロビスタジオ』や『メタルマックス』など、実際にゲームを作る仕事にも関わるようになっていく。 ・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。