会いに行ける偉人

やきそばかおる

第138回 ラジオの偉人日記(2月〜3月の出来事)

◯ユニークなコミュニティFMコミュニティFMは大変である。阪神淡路大震災を教訓に各地にコミュニティFMが開局した。FMひらかたもそのひとつで、1997年1月15日に開局した。災害時の市民への情報伝達手段として枚方市が中心となり、市内企業、団体、個人に出資を呼びかけて開局した。しかし枚方市は2020年、行財政改革の一環として、2022年度からのFMひらかたへの年間5000万円の放送委託費を廃止した。同局の売り上げの6割にあたるという。ラジオのほかにもインターネット、SNS、エリアメールほか、さまざまな情報伝達手段がある中で必要性を検討した中で放送委託料の廃止に至ったそうだ。市民1000人余りを対象に行った枚方市の調査で「大阪北部地震で実際にFMひらかたの放送を聞いた人は3.9%に留まったことなどが決め手となったそうだ。一方、同じ調査で67.4%が「災害時にはFMひらかたによる情報発信が必要だ・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。